多賀講のご案内

多賀講とは・・・

多賀大社(お多賀さん)を篤く信仰される崇敬者の会です。
お多賀さんを代表する歴史ある信仰団体で、昭和61年には多賀講結成500年を迎えております。
講員は年に一度(年末)お正月に神棚でお祀りしていただく新しいお札をお世話係様を通じて、若しくは神社から直接お届けします。

多賀講入講のご案内

多賀講は信仰される皆様方の御同志が相寄り、ご同志数名でも新しい講社を結成する事ができます。
また、個人での入講(単独講員)については名誉講員(年会費2,000円)からの入講になります。

講員の種類について

  • 柏寿講員 (年会費 15,000円) (ご本殿で家内安全の祈祷を受けることができます。)
  • 特別名誉講員 (年会費 5,000円) (拝殿で家内安全の祈祷を受けることができます。)
  • 名誉講員 (年会費 2,000円)           ( 同上 )
  • 特別講員 (年会費 1,000円但しお世話係様扱いのみ)( 同上 )

※上記の四種類何れの講員でもご同志数名でも新しい講社を結成できます。

講員の特典

  • 毎年各講員種別によって御神符をはじめおさがり等が届けられます。
  • 講員はご参拝の折、講員証のご提示により昇殿祈祷を受けることが出来ます。但し、お札やお守りは付きません。
  • 毎年9月28日に斎行される講社大祭にご招待し、講員皆様方の家内安全・延命長寿・子孫繁栄を本社で盛大にご祈願いたします。講員はどなたでも参列できます。
  • 朝の日供祭と毎月28日の講社月次祭において講員皆様の家内安全・延命長寿をご祈祷いたします。
  • 講員の諸祈祷及び団体参拝に便宜を図ります。(前もってご予約下さい)
  • 毎年秋に社報「多賀」を発行し、ご参拝の皆様方に配布しております。
  • 参拝時(団体・個人に関わらず)ご休憩・お食事などで参集殿をご利用いただけます。

多賀暦のご紹介

平成22年庚寅歳より多賀暦が改訂されました。
二十四節気をはじめ六曜(六輝)・二十八宿・九星による男女の相性、婚礼の吉日・腹帯の吉日等々
「縁結び」と「いのちの神様」と称されるお多賀さんならではの暦が出来上がりました。
日常生活での神棚の祀り方や人生儀礼についてもわかりやすくまとめられております。ご参考にしてください。

掲載内容(神事・人生儀礼・家相・暦・運勢等)

  • 毎年各講員種別によって御神符をはじめおさがり等が届けられます。
  • 講員はご参拝の折、講員証のご提示により昇殿祈祷を受けることが出来ます。但し、お札やお守りは付きません。
  • 毎年9月28日に斎行される講社大祭にご招待し、講員皆様方の家内安全・延命長寿・子孫繁栄を本社で盛大にご祈願いたします。講員はどなたでも参列できます。
  • 朝の日供祭と毎月28日の講社月次祭において講員皆様の家内安全・延命長寿をご祈祷いたします。
  • 講員の諸祈祷及び団体参拝に便宜を図ります。(前もってご予約下さい)
  • 毎年秋に社報「多賀」を発行し、ご参拝の皆様方に配布しております。
  • 参拝時(団体・個人に関わらず)ご休憩・お食事などで参集殿をご利用いただけます。
  • 講員様の結婚式及び世話係様からご紹介頂いた人生儀礼(結納式・結婚式・金婚式・銀婚式・初宮・七五三等)に関わる
    お祝いの席や披露宴ではご優待させて頂きます。

~掲載内容(神事・人生儀礼・家相・暦・運勢等)~

・多賀大社ご祭神由緒 ・年中暦(神事・農事・日の出・日の入り)
・年齢早見表 ・九星の各月運勢
・今年の運勢方位盤 ・家相方位盤
・二十四節気の説明   ・神棚の吉凶方位
・六曜(六輝)の説明 ・仏壇の吉凶方位
・二十八宿の説明 ・柱立ての吉日
・男女相性の見方・考え方 ・棟上げの吉日
・十二支による男女の相性 ・萬燈祭献燈について
・九星による男女の相性 ・夏越・師走の大祓について
・見合い・結納の吉日 ・参拝の作法
・婚礼の吉日 ・厄年について
・腹帯の吉日 ・のし紙の書き方
・忌服について ・手紙の時候の挨拶
・神棚の祀り方(お供え物・神拝詞、お札の返納の仕方)

多賀大社授与所・参集殿ロビーにて六月一日より授与しております。【初穂料 金200円】

多賀講へ入講するには

多賀大社 (0749)48-1102 (講務部直通)

もしくは

お問い合わせフォームへ


Warning: require(keidai.php) [function.require]: failed to open stream: No such file or directory in /usr/home/mw2pmpps1f/www/htdocs/tagakou/index.html on line 205

Fatal error: require() [function.require]: Failed opening required 'keidai.php' (include_path='.:/usr/share/pear:/usr/share/php') in /usr/home/mw2pmpps1f/www/htdocs/tagakou/index.html on line 205