ご婚約のしるし

ご結納
ご縁談がととのった処で正式に婚約のおしるしとして両家の間で贈り物を取り交わすのが結納です。
本来は「ゆひのもの」と呼ばれ酒肴を意味していました。
つまりご両家が婚姻によって結ばれる証に飲食を共にすることから来ています。
結納によって本人どうしが夫婦となることを誓い合い、
また、周囲の人達も気持ちの上で一つの折り目を付けるという意義があります。



参集殿では結納飾りご斡旋及びレンタル、金封一式:目録・請書・家族、親族書も手配致します。
その他結納式の進行から直会(会食)に至るまでトータルにサポート致します。

ご結納式に準備するもの

◇目録・請書(うけしょ)と上包み(参集殿で準備致します)
◇ご親族書・ご家族書
 ※結納品の品数は、ご媒酌人とご相談の上、ご両家で合わせてください。
◎服 装 格式張らない略礼服で結構ですが、お互いの服装に調和をもたせるようにしてください。
◎御祈祷 ご結納を取り交わされた後、ご本殿に於いてご両家の繁栄とご健勝をご祈念申し上げます。
◎直会(なおらい)会食 ご両家が飲食を共にし、より深いきずなをお結びください。


結納式の一例

多賀大社参集殿でご結納式を行うメリット
●ご媒酌人様に、ご両家を往復していただくというご足労を、煩わすことがございません。
●結納式・本殿ご祈祷と、ご会食をあわせておよそ2時間程度でのお開きとなりますので、ご出席の皆様の時間のご都合も、比較的楽に合わせいただけようかと存じます。

ご媒酌人の挨拶

「本日はお日柄もよろしく、誠におめでとうございます。
このたびは、ご両家のご縁談がととのい、本日めでたくご結納を取り交わすことになりました。
多賀の大神様のお尊きのもとに、この席におきましてはお取り次ぎさせていただきます。何とぞよろしくお願いいたします。」

(引き続き、媒酌人は目録を新婦の父親に渡します。)

媒酌人の言葉

「○○様からのご結納の品々、目録の通りでございます。
 どうぞ、幾久しくお納めください。」

新婦父親の言葉

「ありがとうございます。幾久しくお受けいたします。」
(新婦本人は父親に合わせ一礼の後、父親と共に目録を開いて目を通し、元に直して一礼します。
新婦父親は用意しておいた請書を媒酌人を通じて新郎の父親に渡します。)
「ご結納の請書でございます。幾久しくお納めください。」

新郎父親の言葉

「誠にありがとうございました。請書確かに幾久しくお請けいたしました。」

媒酌人の挨拶

「これをもちまして、ご両家結納をとどこおりなく相納めましてございます。本日はおめでとうございます。」

新郎父親の言葉

「本日はお忙しい中を、ご媒酌人のお役、誠にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。」

(これで結納式は済みます。ご祈祷後食事をしながら結婚式の打ち合わせなどをします。
媒酌人を立てられない場合は、参集殿スタッフがお取り次ぎをさせていただきます。)